プラーナのスタッフの働き方

今日はプラーナのスタッフの働き方についてお話ししてみます。

プラーナのスタッフは会社全体でも8割以上が女性スタッフです。ナーシングホームのスタッフさんも女性スタッフが多いんです。その中でも20代後半から40代が多く、子育てしながら働いたり、これから結婚やご出産を考えていらっしゃるスタッフも多く在籍しています。

前回も少し触れましたが、プラーナはスタッフが幸せや、充実していることで、入居者様にいい介護、いい看護を提供でき、地域に貢献できると考えています。スタッフ自身の充実はプラーナがとても大切にしていることです。

どうしても、お子さんの急な体調不良や、スタッフさんの体調不良もあったりします。とくに発熱は以前と比べて、最近では少しの熱でも、入居者様や同僚に万が一でも迷惑をかけたら・・・と大事をとって仕事をお休みするという選択も必要だったりします。そんな時、施設ではスタッフさんがいつもより少ない中、協力し合って乗り切るということも多く経験してきました。私たちナーシングホームプラーナのスタッフがいつも意識していることがあります。

「いつか自分が困った時に、助けてくれるのは仲間です。だからいつも仲間を大切に頑張って行きましょう。」

これは、単に体調不良だけのことではなくて、出産、子育て、親の介護、なども同じように仲間からフォローしてもらうことになります。そして、仲間のためにフォローすることも当然あるはずです。だからこそ、普段からの助け合いの大切さは組織の風土として大事だと思っています。

ナーシングホームの介護、看護の仕事は入居者様の健康や人生と向き合う仕事です。当然大変ですが、自分たちで選んだ仕事ですし、何より「ありがとう」と直接感謝していただける仕事です。嬉しいことも、ちょっと残念なこともみんなで共有しながら頑張っています。

少し話がそれてしまいましたが、ライフワークバランスの取れた働き方はスタッフさん個々の生活状況や価値観でも違ってきます。個別、柔軟に相談し、個々で「会社と一緒に」考えています。

また、記録や報告、業務連絡などもほとんどがタブレットや連携ツールを使用しており、残業がほとんど無いというのもナーシングホームプラーナの特徴です。

ここまで話してきて今さらですが、ライフワークバランスって言葉は良く耳にしますが、実際どんなことなんでしょうか?色々人によって大事にすることは違うかもしれませんが、こんな感じです。

  1. 仕事とプライベートの時間のバランス: 仕事とプライベートの時間をうまく調整し、自分の時間や家族や友人との交流の時間を確保すること
  2. 健康とフィットネス: 身体的な健康を維持するために、適切な栄養、運動、睡眠を取ることが重要です。定期的な運動やリラックスする時間を確保しましょう。
  3. 精神的な健康とストレス管理: ストレスを適切に管理し、精神的な健康を維持することも重要です。リラックスやメンタルヘルスのための活動や習慣を導入しましょう。
  4. キャリアの成長と自己実現: 仕事の満足度や達成感を感じるために、キャリアの成長や学習の機会を追求することも大切です。自分の興味や目標に合ったキャリアパスを考えましょう。
  5. 趣味や興味の追求: 仕事以外の時間を、趣味や興味を追求するために活用することも重要です。自分の好きなことや興味を追求することで、ストレスを軽減し、生活に活力を与えることができます。
  6. 家族や人間関係の大切さ: 家族や友人、パートナーとの時間を大切にし、人間関係を築くこともライフワークバランスを保つ上で重要です。家族や友人とのコミュニケーションや共有する時間を確保しましょう。

例えば、プラーナでは月に1回、スタッフさんに健康に関するアンケートにお答えいただき、その結果から回答されたスタッフさんに専門家からアドバイスをもらえる取り組みをしてたります。

そのあたりはまた今度お話しできればと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. ナーシングホームのコミュニケーションの話

  2. ブログ開始のお知らせと、ナーシングホームプラーナのご紹介

  3. スタッフ自身のメンタルケア、セルフケアに関する話

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP